屋根リフォームの判断目安|住宅・アパート・マンション塗り替え専門ホームプラス|大阪府吹田市

屋根リフォームの判断目安

  1. トップページ
  2. 屋根リフォームの判断目安

屋根は雨や風、紫外線などから私たちを毎日守ってくれています。しかし普段あまり目にする機会が少ないこともあり、大きな劣化が見られてからリフォームを行うという方も少なくありません。また、いつ行うべきか分からないという方もいらっしゃると思います。屋根リフォームが必要かどうかは、屋根の素材や状態で判断できます。

屋根の素材で判断する

一般的に使われている屋根の素材には、瓦・スレート・トタン・ガルバリウム銅板などがあります。それぞれ特徴や耐性が異なりますので、リフォームが必要な時期も異なります。日本瓦は100年以上もつとも言われていますが、セメントや砂で作られた瓦は15年前後を目安にします。

日本で最も多く使われているスレートや、比較的古い住宅に見られるトタン屋根は10年前後が目安です。高い耐久性と軽さが評判のガルバリウム銅板は、近年の建築物に多く取り入れられている素材です。機能面に優れている素材で寿命も長いですが、へこみが発生しやすい素材でもあります。定期的な確認を行うことで、へこみなどのトラブルにいち早く気づくことが大切です。

屋根の状態で判断する

素材の耐用年数を意識したメンテナンスやリフォームに加えて、セルフチェックも必要です。例えば、屋根を触ってみて白い粉が手についたり屋根自体が黒もしくは赤くなっていると、リフォームが必要な合図です。白い粉がつくのは、樹脂が落ちて顔料が出てしまっている状態です。顔料は雨や紫外線に弱いため、放っておくと深刻なトラブルにつながってしまう可能性があります。

屋根が赤もしくは黒くなっているのは、カビやコケによるもので、屋根に水分が含まれている状態です。カビやコケは素材の劣化を早めてしまう可能性がありますので、早めの対策が必要です。セルフチェックで異常を感じたら、専門家の診断や施工をご依頼ください。

茨木市のホームプラスでは、外壁や屋根のメンテナンス・リフォームを行っております。茨木市を中心にした地域密着の専門店として、これまでの実績を反映させ丁寧に施工致します。屋根の防水工事やリフォームに関するご相談や見積もりなども、お気軽にご相談ください。本格的な屋根リフォームの前にまずは状態を確認したいという方は、無料診断をご利用ください。

外壁塗装・塗り替え工事専門ホームプラスお問い合わせ

コラム

住まいのことならホームプラス

スーパームキコート

アドグリーンコート

トップへ戻る