家の寿命のカギを握る屋根リフォーム|住宅・アパート・マンション塗り替え専門ホームプラス|大阪府吹田市

家の寿命のカギを握る屋根リフォーム

  1. トップページ
  2. 家の寿命のカギを握る屋根リフォーム

屋根は普段あまり目にしない所なので、何年も放置にしたままというケースが多くなっています。屋根は家の構造の中でも紫外線や雨風、砂埃などの影響を最も受けやすい部分です。

その為、定期的にメンテナンスを行い、屋根リフォームを施すことが住宅の寿命を延ばすことにつながります。

屋根点検の目安

屋根点検を行うことで、屋根の劣化やトラブルに早く気づくことができます。屋根材の交換時期は大体20年と言われています。しかし、塗装や瓦の劣化は5年程経過すると見えるようになってきます。この時期を目安に屋根点検を依頼することをおすすめします。

また、5年周期と限らず、毎年点検をすることで屋根の状態をベストに保つことができます。少しでも屋根の不具合が気になったら、早めに業者へ相談するようにしましょう。

屋根リフォームの種類

屋根リフォームは美観を高めるということよりも、住宅を長持ちさせることが重要視されています。
屋根リフォームには、大きく分けて3種類の工事があります。

» 塗り替え

屋根材・下地材の傷みが少ない建物、築年数が10年ほどの住まいであれば、屋根塗装だけで十分対応が可能です。定期的に塗装を施すことで、屋根表面が塗膜で保護されて屋根材の劣化を防ぐことに繋がります。

また、紫外線や雨風の影響で、屋根塗料の耐久年数は外壁塗料に比べると短くなっているので、1~2ランク上の塗料を選ぶことをおすすめ致します。

» 重ねぶき(カバー工法)

下地材は問題ないが、屋根材表面の劣化が激しく、塗装では対応不可の場合にカバー工法を施します。
屋根の汚れを洗浄した後に、屋根の上を防水フィーリングで覆っていき、新しい屋根材に葺き替えていきます。
屋根が二重構造になるので断熱効果が高まります。

» ふき替え

塗装やカバー工法でも屋根のトラブルをカバーできない場合には、今ある屋根を全て剥がして新しい屋根材に取り替える必要があります。

大掛かりな工事になるので、カバー工法などに比べると費用は割高になりますが、この際に断熱材や遮熱シートを入れることで、屋根の断熱性能の向上が高まり、建物全体にかかる負荷を減らすことができます。

ホームプラス(所在地茨木市)は、大阪府・京都府・神戸市などの広範囲で、防水工事や屋根リフォームなどを行っています。地元に密着した業者となっており、創業以来からの工事実績で丁寧な対応をしています。

無料見積もり無料診断もお受けしていますので、お気軽にご依頼ください。サイト内にお客様の評判も掲載していますので、参考にしてみてください。

外壁塗装・塗り替え工事専門ホームプラスお問い合わせ

コラム

住まいのことならホームプラス

スーパームキコート

アドグリーンコート

トップへ戻る